忍者ブログ

機動戦士ガンダムブログ@ファーストガンダムをしゃぶりつくす!!

機動戦士(ファースト)ガンダム専門サイト。映像からガンプラ、ゲームまでガンダムを追求。リンクフリーです。
機動戦士ガンダムを徹底解析
HN:
機動戦士(ファースト)ガンダムマニア
自己紹介:
テレビ版、映画版、ガンダム ウォー問わず、機動戦士ガンダムを歴史、背景、モビルスーツやキャラクターに至るまで徹底的に追求します。
ブログ内検索
最新記事
リンク
相互リンク募集中です。 希望のサイト様は、 コメント欄に記入いただくか、 下のかんたん相互リンクから 登録してください。
記事の一部はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用してます。
RSS
  • seo
[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゲルググ
ゲルググ

(GELGOOG)



ジオン公国軍のモビルスーツ

(型式番号:MS-14)








劇中での活躍

アニメ『機動戦士ガンダム』では
ソロモン攻略戦後の第37話にて
シャアが操縦する新型のモビルスーツとして
初登場する。

この時の機体は
シャア専用の意味合いもあり
赤メインのカラーリングだった。

その次の話では
テキサスコロニーにて
ガンダムと激しい戦いを演じるが、
損傷して後退する。

その後、
エルメスと同時に数度出撃しており、
第41話でシャアのゲルググは右腕を斬られ、
エルメスも失って後退している
(ちなみにこの時のシーンはリメイクされて
『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の回想シーンとして
再登場している)。

また、
一年戦争の最終決戦である、ア・バオア・クー攻略戦が始まる第42話では、
緑メインのカラーリングで量産機が登場し、
ゲルググは
シャアが乗った機体だけではなく
複数生産されていることを印象付けている。

アニメ『機動戦士Ζガンダム』では
第26話「ジオンの亡霊」にて、
ダメージを受け放棄されていた
旧ジオン公国軍の戦艦「グワジン」の中に、
同様に放棄されていたモビルスーツとして、
ジャイアント・バズを装備した
緑色のゲルググが登場する。

この機体に
カツ・コバヤシが乗り込み
ヤザン・ゲーブルのギャプランに追いつめられていたカミーユ・ビダンの
Ζガンダムを救う。

アニメ『機動戦士ガンダムΖΖ』では
アフリカの民族解放ゲリラである青の部隊で
隊長ディドー・カルトハや
エロ・メロエらがゲルググ
(劇中の台詞によるとオリジナルではなくレプリカらしい)
に搭乗。

青の部隊所属の他の機体同様に
部隊色である青色に塗装されていた。

モデルグラフィックス別冊
『ガンダム・ウォーズ・プロジェクトゼータ』掲載の
ショートストーリーでは、
エウーゴの黎明期「ブレックス・フォーラ奪取作戦」が描かれ、
シャア、アポリー、ロベルト、ブラウンの4人が
ゲルググに搭乗、
部下のリックドム8機と共に、
スティーブ・オハラハン中尉率いる地球連邦軍リックジム部隊
「ブルーライトニング」と交戦している。

アニメ『機動戦士ガンダムF91』では
ロイ戦争博物館に量産型が展示されていた。

この時の機体は
彼専用機という位置付けで、
青と緑を用いて塗装されていた。

当初は量産型であるA型と言われていたが
(事実、マスターグレードモデルでの表記はA型になっている)、
近年では
シャア・アズナブルの搭乗機と同じYMS-14型であると言う設定に
変わってきている。

漫画『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』では
先の戦闘で失った右腕を
急遽ゲルググMのもので改修したシャア専用機が登場。

この機体は後に全面的に改修された。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
MS−14 ゲルググ
MS−14 ゲルググですか・・。 うーーん。長らく?続けて参りました 「MS」シリーズですが これほど思い入れのないMSも PON的には珍しく。 だって豚だし。豚っぱなだし。 名前だって「ゲル」に「ググ」だよ?旦那。 それになんでよりによって ビームナギナタなの..
URL 2006/08/22(Tue)22:31:58
Copyright 2006 機動戦士ガンダムブログ All rights reserved
忍者ブログ [PR]