忍者ブログ

機動戦士ガンダムブログ@ファーストガンダムをしゃぶりつくす!!

機動戦士(ファースト)ガンダム専門サイト。映像からガンプラ、ゲームまでガンダムを追求。リンクフリーです。
機動戦士ガンダムを徹底解析
HN:
機動戦士(ファースト)ガンダムマニア
自己紹介:
テレビ版、映画版、ガンダム ウォー問わず、機動戦士ガンダムを歴史、背景、モビルスーツやキャラクターに至るまで徹底的に追求します。
ブログ内検索
最新記事
リンク
相互リンク募集中です。 希望のサイト様は、 コメント欄に記入いただくか、 下のかんたん相互リンクから 登録してください。
記事の一部はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から引用してます。
RSS
  • seo
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ガンダム
ガンダム

(GUNDAM)

アニメ『機動戦士ガンダム』に登場。

作品名にもなっている
地球連邦軍の白兵戦用試作モビルスーツである。

通常、「ガンダム」といえば、
ホワイトベースに配備され一年戦争で活躍した
白・赤・青といったトリコロールのカラーリングの機体を指す
(型式番号:RX-78-2







型式番号の由来

この型式番号 (RX-78) の由来は、
アニメの企画書において
ガンダム(ガンキャノンとガンタンクも含む可能性あり)の
機体番号あるいは作戦番号を「VX-78」とする記述が存在したことと、
第1話の台本でブライト・ノアが「ガンダーX78」と言っている
台詞が存在している事による。

この台詞は実際には採用されず、
TVシリーズ放映中に他のMSを含め
形式番号が設定されることはなかったが、
劇場版第一作の公開前に「RX-78」という型式番号が付けられた。

これを提案したのは、
当時ラポートのアニメ雑誌「アニメック」の編集長で、
富野由悠季と懇意だった小牧雅伸。

テレビ版に登場した兵器の型式番号のほとんどは
彼が「アニメック」誌上でつけたものである。

「RX」はマツダのスポーツカー「RX-7」から。

当時大河原邦男の愛車であった。





放映当時は
ガンダムは映像に現れた1機しか存在しないという設定であったが、
後に小説版『機動戦士ガンダム』において
アムロの搭乗したガンダムは2号機という設定が生まれ、
みのり書房発行の雑誌「OUT」別冊
『宇宙駆ける戦士たち GUNDAM CENTURY』にて
さらにその設定は発展した。

そして『モビルスーツバリエーション』 (MSV) の誕生により
アニメ準備稿から
プロトタイプガンダム(1号機)が、
小説版からG-3ガンダム(3号機)が生まれ、
さらに全部で8機が製造されたという設定になった。

すなわちRX-78-1であればRX-78の1番目の仕様、
という風にである。

この設定により
アニメで活躍したガンダムは、
当初プロトタイプガンダムとして製造された
機体の2号機を改造してRX-78-2仕様としたものであり、
後にマグネットコーティング等の処置を受けて
RX-78-3仕様と同等にまで改修を受けている、
という複雑な遍歴を持つ機体になった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
大人になったから楽しめること~機動戦士ガンダム~
最近、アキバのAsoBitCityを訪ねた。フィギュアなどヲタク系グッズが豊富で、精巧な造作物を眺めていると、少年時代に車や船、城にロボットなど、プラモデル・ラジコンを無邪気に作っていたことを思い出した。プラモやラジコンを通して、内燃機関の構造や電気の仕組みを学んだものである。 AsoBitCityにもプラモデルは多いのだが、中でもガンダムもの、いわゆる「ガンプラ」はワンフロアー全てを占領していて、凄いボリュームである。少年時代を懐かしみながら眺め、帰途に着いた。 帰りの電車で、ふと「どんなストーリー...
URL 2007/04/29(Sun)08:44:45
Copyright 2006 機動戦士ガンダムブログ All rights reserved
忍者ブログ [PR]